呼吸器の病気ガイドへようこそ

多くの呼吸器の病気では共通して、咳や痰、呼吸困難、胸痛、呼吸をする度に「ゼーゼー、ヒューヒュー」と音がする喘鳴などの症状がみられます。
呼吸器の病気の診断には、胸部X線検査、肺機能検査、喀痰検査や血液検査が必要になります。呼吸器の症状が長く続く場合は、呼吸器科を受診しましょう。


呼吸器の病気メニュー

肺がん

気管、気管支、肺胞の細胞ががん細胞となり、無秩序に増えて発生します。

肺結核

結核菌による呼吸器の伝染性疾患で、現在でも高齢者には少なくありません。

無気肺

肺全体または一部の空気が極端に減少したりする状態をいいます。

肺気腫

正常な肺胞が減少し、呼吸面積が減少するため、ガス交換に不都合が生じます。

肺水腫

血液中の水分が血管外に漏れ出して、肺胞の中にたまった状態です。

気管支喘息

咳と痰が出て、呼吸困難におちいり、呼吸のたびにゼーゼーと音がします。

急性気管支炎

気管支の粘膜に炎症が起こる病気で、ウイルス感染によるもの大半です。

慢性気管支炎

1年のうち3ヶ月以上、毎日、咳や痰が続く状態です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

肺気腫と慢性気管支炎を合わせてこう呼ばれます。

肺線維症

肺が硬くなって縮小するため、ガス交換が不十分になって呼吸不全になります。

間質性肺炎

肺胞の壁の間質が結合した組織に炎症が起こる病気です。

過敏性肺炎

カビやほこりなどを吸い込んで引き起こされる、アレルギー性の肺炎です。

気管支拡張症

気管支の一部が拡張し、分泌液が溜まって、炎症を起こす病気です。

自然気胸

外側の臓側胸膜が破れて、肺の中の空気が胸膜腔に流れ込む病気です。

呼吸不全

血液中の酸素量が減少し、十分な量を臓器に送れなくなった状態です。

胸膜炎

肺の表面を覆っている胸膜が炎症が起こす病気です。

過換気症候群

呼吸のしすぎで血液中の二酸化炭素が過度に減少する病気です。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に頻繁に呼吸が止まり、そのたびに目が覚めます。